はじめまして

ぱーちぇ声楽・大人のピアノ教室

 

notes   京王線笹塚近くで声楽ピアノ教室をしていますnotes

         ホームページ開設につきブログをはじめます

                      よろしければお立ち寄り下さい...    

  2014年11月より アレクサンダー・テクニークの勉強を始めた関係で

     それ以降の記事はこちら になります

2017年3月25日 (土)

Simg118


     世田谷けやきコンサートin上原

  春から初夏へ・ 麗しきラブソング~vol.5

 2017年4月26日(水)午後6時30分開演
    

           
古賀政男音楽博物館 けやきホール
  
  入場料 3000円

    演奏曲目: 歌劇「ホフマン物語」より”森の小鳥は”

            *歌劇「パリアッチ」より”鳥の歌”

            歌劇「魔笛」より”鳥刺しの歌”、”パパパ”

            *母が教え給いし歌          他

         *2曲は私が歌わせて頂く曲です。

    今年の干支にちなみ鳥の歌をたくさん集めました。

    チケットは私の手元にもございます。

    ホームページ (問い合わせ)よりご連絡くださいませ!

          お待ちしております

         http://pace.sakura.ne.jp/pace.html

2016年11月10日 (木)

けやきチャリティーコンサート



    世田谷けやきチャリティーコンサート

             in 下北沢vol.5

S2016_2


 2016年12月3日(土)午後2時開演(1時半開場)

    東京都民教会(下北沢より徒歩5分)
 

         

 入場料 3000円

  演奏曲目: さやかに星はきらめき

  I feel pretty(ウエストサイドストーリーより)

           いつか王子様が(白雪姫)

 上記3曲は私が歌わせて頂く曲ですが、クラシックやミュージカルなど

 色々な曲を8人の女性が歌います。

 興味のある方はホームページよりご連絡くださいませ

         http://pace.sakura.ne.jp/pace.html

2016年2月 7日 (日)

オペラ「カルメン」

 Img027Img028_3


第2回パストラーレオペラ
ビゼー作曲 「カルメン」 (日本語版・ピアノ伴奏)

2016年3月25日(金)  18:30開演 (18:00開場)
豊洲シビックセンターホール(豊洲駅直結)
全席自由  4500円


指揮・演出:中村邦男
ピアノ:浦壁信二

にメルセデス役で出演致します。
ジプシー カルメンの友達で 
カルタ占いをする三重唱や、密輸の相談をする五重唱などを歌います
ビゼーの魅力溢れる音楽とドラマティックなストーリーを
中村邦男先生の指揮と演出で お楽しみいただけると思います
できたばかりの豊洲シビックセンターホールは
舞台のうしろがガラス張りになっているそうで、楽しみです。
たくさんの方のお越しをお待ちしています!!

2015年9月21日 (月)

パストラーレコンサート 2015

           

 Simg014


  2015年10月11日(日)午後2時開演 終演予定6時半

           すみだトリフォニー小ホール


                                               
入場料 2000円
                     

 中村邦男 門下生発表会。 ソロだけでなくアンサンブル、合唱

  盛りだくさんなコンサートです  。 

 

                      note 皆さまのご来場をお待ちしております

2015年7月24日 (金)

けやきコンサート

Simg149_2

世田谷けやきチャリテイーコンサート 2015年7月20日

たくさんの方においで頂きありがとうございました。

 募金にも皆様にご協力頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

 公演の収益からの額と合わせ10万円を 

 全国楽器協会に送らせて頂きます。

 そちらを通し被災地で楽器を買うために役立てていただきます。

 出演者にとりましても、あたたかい雰囲気で 楽しいコンサートでした。

  ありがとうございました。

2014年11月15日 (土)

けやきコンサート

Simg039Simg040_2




    世田谷けやきコンサートin上原

   ~麗しきラブソング~vol.3

 2014年12月10日(水)午後6時30分開演
    

        
古賀政男音楽博物館 けやきホール
  
  入場料 3000円

 演奏曲目: 

 xmas 冬の歌メドレ-

     xmas   この道 、 日記帳

      xmas  セレナーデ(シューベルト

      xmas   ラ・ボエームより“私の名はミミ”

      xmas  仮面舞踏会より"  どんな衣装か知りたいでしょう         

                              ほか...

 

二期会ブロック活動のコンサートです。歌曲やオペラのアリア二重唱などを11人のメンバーでお届けします

 チケットのお申し込みは このブログ左サイドの「メール送信」あるいは

  ホームページ「お問い合わせ」よりして頂けると嬉しいです

 heart01皆様のご来場を心よりお待ち申しあげております

2014年11月13日 (木)

ブログ 一部引っ越しました

 2014年9月よりBody Chanceプロコースにて1年程前から興味があった

  ”アレクサンダー・テクニーク”を本格的に勉強中です。

 

 それに伴いレッスンのアイデイアなどに関しては こちら


    引っ越しました
合わせてご覧くださいませ。Img007

2014年10月13日 (月)

歌う時の支え

先日声楽のレッスンを受けた時

 《まず自分が楽器になる様、確固たる精神を持ち 

その上で音楽を歌う、声は上から回して出す》 と指導を 受けました。

 

レッスン中上手くいった時は高音でも高い感じがせず楽に出ましたし、

 音楽も素直に外に出て行く感じがしました。

 

この青文字の部分をアレクサンダーテクニーク流にいうと

 

  《全体との関係性の中で私はここにいて、

 この曲 あるいは次のフレーズを歌うため

 頭が繊細に 動いて体全体がついてきて歌を(次のフレーズを)歌う》

 

ということだと思います。 頭が動いて体全体がついてくる》 というのが

 アレキサンダーテクニックの基本なのですが、 まがりなりにも

 これをやってみると... 例えば荷物を持ち上げるのに軽く感じたり、

 伸ばした腕も楽にがんばれたりするのでホントにおもしろい!

Photo

歌っているとき《頭が動いて体全体がついてえくる 》をやること

 こそが発声でよく言われる支え なのかなと実感しました。


まとめ

noteこの曲を歌おうという決心、こう歌いたいというイメージは

歌う時の心情面の支え になる 


note
頭が動いて体全体がついてくる》状態は

歌う時の身体面の支えになる 


そしてアレクサンダーさんが言ったように心と身体は不可分である

従ってどちらがどちらの面というのでもなく、これらがうまくいった時

とても頼りになる
支え に出会えた気がしましたPhoto_2

2014年9月16日 (火)

呼吸

呼吸している時の肺と横隔膜の様子を簡単な工作で表現しました。

 

 これはBODY CHANCE(アレクサンダー・テクニーク)の先生に

見せてもらったものを真似て作り人間らしく見えるよう手をつけたものです。 

とても簡単なものですがよくできているしおもしろい!...

 

 

  歌を歌う立場として注目したいのは息を吸うということです。

 たくさん息を吸わないと歌えないとイメージし勝ちですがいつもいつも

同じ様に吸う必要はないですよね。合唱指導をしていても「ハイ!しっ

かり吸って_」という声掛けはよくします。それは大切なことです

が...。どう吸ったらいいかというアイデアは次に書くとしてまず

息を吐くことが大切です。声を出しているのは吐いている時ですから!

この時に腹筋を使いそのフレーズに対応できる息をおくります。これが

いわゆる支えだと思います。(お腹を固めることでなく)

呼吸に必要な筋肉はたくさんある様ですがそれについて興味のある方は

バジル先生のブログの呼吸法というところに詳しく書かれていますので

御覧ください。

          http://basilkritzer.jp/%e5%91%bc%e5%90%b8%e6%b3%95  

 

ここではざっくり腹筋ということですすめます。

腹筋は息を吐いている時、つまり声を出している時に使い、

吸う時にはお休みするということです。

横隔膜さんの立場からいうと、吸う時に収縮し(働き)下に下がり、

吐く時に緩み高い天井のように上方へ戻っていくとのことですが、

横隔膜には動きの感覚受容体というのがまばらにしか存在しないため

どう動いているのか感じ取るのは難しいのです。

 歌う前にただただ必死に息を吸い込むとそこで筋肉を必要以上に

使ってしまい吐く時のコントロールに悪影響を与えるように思います。

 

 

ぺットボトルにひっかけられた風船に直接息を吹き込まなくても

 中の風船がふくらんだ様に、

しっかりん吐いてその時使った筋肉を緩めれば

 

    自然に楽に、息が入ってくるというお話でした。 

 

Photo

 

 

 

 

 

2014年7月21日 (月)

リサイタル

 

木 俣 時 子 

   ほっとひと息 hotなひと時

おかげさまで、リサイタル無事終了しました。

当日は70数名のお客さまがおいでくださり熱心に聴いてくださいました。

皆様本当にありがとうございました。休憩を含め1時間半程の内容でしたが、

終わってからもみんなニコニコして楽しかった、と言って下さったので

ほっとしました。歌っている時、皆さんの顔がよく見えるのですが緊張する

こともなく、エネルギーを頂いてそれを歌に乗せてお返しするようなつもりで

演奏することができ、夢中ではありましたが幸せなひと時でした。

これをひとつのステップにもう新たな勉強が始まっております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

S3_2S_4
Sjpg_2









«リサイタルアンケートより